• ホーム
  • プロスカーのジュネリックをAGA治療薬として使う

プロスカーのジュネリックをAGA治療薬として使う

髪が薄い男性

AGA治療薬で改善効果の高い成分にフィナステリドがありますが、クリニックで処方される先発医薬品は高額なので使い続けるには負担が大きいです。
これを解決する方法としてプロスカーのジェネリックを検討すると良いでしょう。

プロスカーはAGA治療薬の元になった薬であり、本来の使用方法は前立腺肥大症の治療です。
しかし、服用した患者から薄毛が改善するという報告が出たため研究が行われ飲む育毛剤とも呼ばれるフィナステリドを含むAGA治療薬が開発されました。

プロスカーのジェネリックを使う理由は薬が安いからです。
開発がかかっておらず、特許料も不要なジェネリックであればそれだけでも安価になります。
さらにフィナステリドの含有量が1錠につき5mgになっているため割安になります。
AGA治療薬と有効成分は同じであり、そもそもこの薬の作用から開発されているので薄毛の改善効果も同じように期待できます。

利用方法は注意しましょう。薄毛の治療に用いる場合のフィナステリドの摂取量は1日に1mgまでとされています。
1錠に5mg含まれているのは前立腺肥大症のために製造されているからであり、本来の用途とは異なるので服用の仕方を変えなければなりません。
多く摂取すれば良いわけではないので、ピルカッターなどを使って5分の1に分割して使います。
4分の1でも良いとする口コミがありますが、過剰摂取になるのでやめましょう。

プロスカーのジェネリックにはフィンカーやフィナストがありますが、一般的な購入方法はネット通販などを利用した個人輸入です。
先発医薬品であるプロスカーもジェネリックであるフィンカーやフィナストも日本国内では未承認薬なので処方するクリニックが少ないです。
偽薬を購入する危険性を避けるためにクリニックで処方してもらうのが安全ですが、通院できる立地にそのようなクリニックがあるとは限らないため、信用性の高い通販サイトを探して購入すると良いでしょう。

フィンカーとフィナストではどちらを選ぶべき?

飲む育毛剤とも呼ばれるプロスカーのジェネリックであるフィンカーとフィナストはどちらもフィナステリドを1錠につき5mg含有しているので、安全性や改善効果に違いはありません。
どちらを選んだ方が良いかは価格や購入のしやすさで決まります。

利用する個人輸入を代行する通販サイトで価格に違いはありますが、1錠あたりではフィンカーが40円程度になるところがあるのに対してフィナストは70円程度になるためかなりの違いがあります。
この価格の差からフィンカーの方が人気であり、通販サイトでもフィンカーの取り扱いが多いです。
そのため、特に意識せずに購入しようとした場合にはフィンカーの方が安く買いやすいです。
個人輸入なので偽薬を購入するリスクに注意が必要であり、安全に購入するために取り扱いをしている一部のクリニックで処方してもらう場合でも、価格の安いフィンカーの処方が多くなっています。

コーティング剤にも違いがあり、フィナストはキノリンイエローが含まれますが、フィンカーには含まれません。
これは国内では発がん性があると噂が広まっていますが、海外では使用が認められており、国内でも食品への添加は禁止されていますが医薬品には許可されている成分なので、微量であれば摂取しても問題ないものです。
気になるのであればフィンカーにした方が良いでしょう。

フィンカーとフィナストは有効成分が同じでも価格、購入しやすさ、コーティング剤に違いがあり、通常はフィンカーを選べば問題ないです。
ただし、個人輸入を代行するネット通販は不安なのでクリニックで処方を希望し、そこで取り扱っているのがフィナストである場合は選択肢がないのでこちらを利用します。