• ホーム
  • 前立腺肥大症治療にも使われるAGA治療薬プロスカー

前立腺肥大症治療にも使われるAGA治療薬プロスカー

髪を心配している男性

AGA治療薬として使用される薬にプロスカーがあります。
有効成分はフィナステリドで1錠に5mgが含有されており、男性ホルモンに作用して抜け毛を抑制して薄毛の改善や育毛を行うものです。

誤解されることがありますが、プロスカーそのものはAGA治療薬ではなく、クリニックで処方されるフィナステリドを有効成分とする先発医薬品のジェネリック薬でもありません。
前立腺肥大症の治療を目的とした薬であり、使用している患者に抜け毛が改善する効果が出ていたので成分の研究が行われ、AGAの治療目的の育毛剤である、1錠に1mgのフィナステリドを含有する薬が開発されました。

フィナステリドの含有量が異なっているだけで有効成分は同じであり、プロスカーを使用した患者で起きていた現象であるためプロスカーを服用した場合も薄毛を改善する効果が期待できます。

AGA治療用の育毛剤があってもプロスカーを使う理由は薬にかかる費用の安さによるものです。
フィナステリドが1錠に5mgも含まれているので5分割して服用します。
これにより1回当たりの費用を安くできるので、治療費の負担に困っている患者が利用します。

プロスカーの一般的な購入方法は個人輸入代行をしている通販サイトの利用です。
フィナステリドを有効成分とした育毛剤は効果が認められており、国から承認されています。
しかし、その元になったプロスカーは有効成分が同じでも承認されていない医薬品なのでクリニックでは処方していないことが多いです。
また、大手通販サイトでも取り扱われていないので、信用できる通販サイトであることを確認してから購入しましょう。

AGA専門のクリニックでは患者が薬代を節約したいと考えていることを配慮して、未承認の医薬品でも処方している場合もあります。
海外からの個人輸入を利用すると偽薬や粗悪品を購入してしまう危険性があるので、安全性を考えるとクリニックから処方してもらった方が良いでしょう。

AGAと前立腺肥大症で服用する用量が異なるので注意

薄毛を改善して育毛を行う効果の得られるプロスカーを使用するときの注意点に、これが前立腺肥大症用の治療薬であることが挙げられます。
AGAの患者が必ず前立腺肥大症になるわけではないため、症状の出ていない人がその治療薬を使うと思わぬ悪影響が出る危険性があります。
そのため、安全にフィナステリドをAGAの治療に使えるように育毛剤が開発されました。

育毛剤とプロスカーの大きな違いはフィナステリドの含有量であり、育毛剤の場合は1錠に0.2mg、または1mgです。
これに対してプロスカーは1錠に5mgが含有されています。
症状に合わせて必要とされる量になっているので、AGAの治療でプロスカーをそのまま服用するのは過剰摂取です。

手間がかかりますが、服用するときはAGAの治療で服用が認められているフィナステリドの1日の上限である1mg以下になるようにピルカッターで5つ以上に分割します。
分割のしやすさから4等分を勧める人もいますが、これは摂取上限を超えているので危険です。
多く摂取すればそれだけ高い効果が得られるわけではないので使用方法は必ず守りましょう。

個人輸入を利用すると騙される危険性があり、使用方法も誤解が少なくない薬であるため、クリニックで処方してもらうのが安全です。
診察料が必要であり、通院の手間がかかるなどのデメリットもありますが、薬の特徴や服用方法などの説明を受けられます。

近くに処方するクリニックがなければ個人輸入を利用するしかありませんが、異常を感じたときは利用を中止します。
服用方法に問題があるだけでなく、購入した薬が偽薬の可能性もあるため、どのような状況で異常が出たのか医師に相談して対応しましょう。