• ホーム
  • 頭のかゆみ、フケはデノンシャンプーでスッキリ解決

頭のかゆみ、フケはデノンシャンプーでスッキリ解決

毎日しっかりシャンプーをしているに頭皮のかゆみやフケで悩まされている人は多いでしょう。
頭皮のかゆみやフケを改善したいなら、まずは何が原因で頭皮のかゆみやフケが発生するのかを知ることが大切です。
頭皮のかゆみやフケは洗い過ぎや乾燥、真菌などいろいろな原因によって発生します。

皮膚には常在菌が存在していることを知っているでしょうか。
常在菌が異常に繁殖してしまうといろいろな肌トラブルが起こってしまいます。
頭皮のかゆみやフケが発生する原因のマラセチア菌は毛穴の奥の皮脂腺から出ている皮脂によって繁殖してしまいます。
その皮脂が多くなるほどマラセチア菌が増えてしまうので注意が必要です。

皮脂を増やさないようにするためにはどうすればいいのかというと、食生活や生活習慣を見直したりストレスを溜めないようにしたりするといいです。
食生活や生活習慣を見直したとしても、ストレスを溜めないようにするのは実際には難しいでしょう。
だからといって諦める必要はありません。誰にでもできる簡単な方法があります。

その方法はケトコナゾールが配合されているシャンプーを使うことです。
丁寧に髪を洗うことは大切ですが、シャンプーを変えることも必要なのです。
シャンプーを変えただけで頭皮のかゆみやフケの悩みを解決できるのでとても楽です。

ケトコナゾールが配合されているシャンプーと言えばニゾラールシャンプーです。
真菌を防止できるシャンプーとして世界中の人が使っています。有名なので知っている人も多いでしょう。
ケトコナゾールはイミダゾール系の抗真菌薬です。
脂漏性皮膚炎を改善できるニゾラールシャンプーは価格が高いので、ジェネリック医薬品のデノンシャンプーを使うのがオススメです。
デノンシャンプーにもケトコナゾールが配合されているので、ニゾラールシャンプーと同じ効果があります。
デノンシャンプーの効果を最大限に引き出すためにも正しい用法用量を守りましょう。

効果は週2~3回を2週から4週継続で現れてくる

デノンシャンプーで髪を洗えば真菌の発生を抑えられるので、脂漏性皮膚炎の予防や改善ができます。
毛穴の状態もよくしてくれるので、抜け毛や薄毛の予防もできます。
それだけではなく、男性型脱毛症の原因のジヒドロテストステロンの働きを阻害する効果もあるので、男性型脱毛症の治療目的で使う人もいるほどです。
発毛や育毛効果があるのは、薄毛で悩んでいる人にとっては大きなメリットでしょう。
ですが、デノンシャンプーは薄毛治療薬としては販売されていません。薄毛治療薬としての使用方法もありません。

脂漏性皮膚炎の治療目的の場合の使用方法は簡単です。まず、頭皮全体をお湯で洗いしっかり汚れを落とします。
デノンシャンプーを手のひらで泡立ててから、頭皮を指の腹でやさしく洗いましょう。
使用方法は普通のシャンプーとほとんど変わりませんが、洗い流す前に5分程度放置して成分を浸透させましょう。
放置する時間はしっかり守らないといけません。5分程度経ったら洗い流します。

デノンシャンプーを使うのは週に2回から3回と決まっています。
洗浄力が強いので、毎日使うと皮脂が落ちすぎて過剰分泌が起こってしまいます。ですので、毎日使ってはいけません。
デノンシャンプーは2週間から4週間使い続けていれば、効果を実感できるでしょう。
1ヶ月以上、長く使い続けると皮膚の抵抗力を下げてしまう場合があります。そうなると、かゆみを感じるようになるので気をつけないといけません。

デノンシャンプーを使えば頭皮のかゆみやフケが改善されるだけではなく、育毛の効果も期待できるのでオススメです。
デノンシャンプーを使う前には注意点などをしっかり確認しておきましょう。