• ホーム
  • 頭皮の痒み、フケ対策ならニゾラールクリーム

頭皮の痒み、フケ対策ならニゾラールクリーム

薄毛の防止をするために欠かせないこととして、新しい髪の毛を増やすことだけでなく、今生えている髪の毛をできるだけ抜けないようにすることも必要になります。
そのために重要になるのが、髪の毛ができるだけ抜けにくくなるような頭皮の環境を作ることです。
抜け毛が起こりにくい頭皮の環境を作り出すためには、頭皮をできるだけ清潔な状態にしておく必要があります。
そうした目的のためにも使用できるのがニゾラールクリームです。

ニゾラールクリームとはもともと皮膚の病気の治療のために開発された医薬品のクリームです。
ニゾラールクリームは特に真菌症の治療に高い効果があるクリームとして知られていて、イミダゾール系の抗真菌薬の一つであるケトコナゾールという成分が配合されています。

ケトコナゾールを代表とするイミダゾール系の抗真菌薬は、主に白癬やガンジダ症、癜風等の症状の治療に使用されている薬です。
ケトコナゾールは水虫やガンジダ症の原因となる細菌類に対して強い抗菌作用があることで知られています。
そのために水虫の治療などにも広く用いられています。

ニゾラールクリームは皮膚の症状が出ているところに直接塗りつけて使用します。
患者の症状によって一日に一回、ないしは二回塗布し、皮膚の表面に住み着いている細菌に対して働きかけます。
ニゾラールクリームを使用した患者は高い割合で、症状の改善が見られています。

ニゾラールクリームは白癬やガンジダ症以外にも、脂漏性皮膚炎の治療のためにも使用されている医薬品です。
症状の原因になっている細菌を陰性化させることで、脂漏性皮膚炎の症状改善を促すことができます。

一般的に医療用として使用されているニゾラールクリームは、有効成分であるケトコナゾールが2パーセントほど配合されています。
ニゾラールクリームは医薬品であるために、薬局などでは購入することはできず、使用する場合には病院で診療を受けてから処方してもらう必要があります。

AGAの有効性として抜け毛抑制効果が認められた

そのように皮膚の病気の治療薬として、高い効果があることで知られているニゾラールクリームですが、これらの効果に着目をして、抜け毛の予防を目的として使用されることもあります。
ニゾラールクリームを頭皮に使用することで、頭皮にいる脱毛を促進させるような働きを持っている細菌を減少させることができる効果があり、その結果として抜け毛の発生しにくい環境を作りだすことができます。

AGAの治療に一般的に使用されているニゾラールクリームは、クリームの有効成分であるケトコナゾールが配合されているシャンプーです。
こうしたシャンプーは育毛剤などと一緒に使用されるのが一般的です。
毎日のシャンプーによって、頭皮を清潔な状態に保つことで、育毛剤の効果をより高める働きがあります。

ニゾラールクリームがAGAの治療に対して一定の効果があることは、さまざまな研究によって明らかになっています。
特に大きな効果が期待できるのが、脱毛を抑制する過程です。
薄毛は新しい髪の毛が生えてこないことや、細い髪の毛しか生えてこないことにより進行しますが、髪の毛が抜け落ちやすくなることも薄毛の進行を確実に早めます。
ニゾラールクリームを使用したことにより、抜け毛の抑制に一定の効果が認められたことによって、育毛剤と一緒に広く使用されるようになりました。

ケトコナゾールで抜け毛を防ぎ、同時に発毛に効果が期待できる育毛剤を使用することで、今ある髪の毛を保護しながら、同時に強くて太い新しい髪の毛を作り出すために役立ちます。
こうした方法によりAGAの治療をおこなうことによって、より髪の毛にとって良い環境を作りだすことが可能となり、髪の毛の成長をより確実にサポートすることが可能となります。